歯科医師歯科技工士の診療日記

神戸インプラントセンター歯科医師&歯科技工士の診療日記 19

理想的な噛み合わせ

2013/8/23

こんにちは、神戸インプラントセンターです。

以前咬みあわせについて取り上げさせて頂きましたが、今回はそのインプラントの予後にも影響してくる咬みあわせについてもう少し踏み込んでお話させて頂こうと思います。

皆さん咬んだ状態で顎を左右に動かした時にも上下の奥歯は接触していますか?

理想的な咬みあわせをお持ちの方はきっと動かした方の犬歯(糸切り歯)だけが接触し、奥歯は離れているはずです。

この犬歯だけが触れて上下の奥歯が離開する咬みあわせはとても理想的で、奥歯にかかるストレスを軽減させているのです。

それは埋入したインプラントにかかるストレスを軽減させることにもなり、予後に影響を与えます。

よって、インプラント治療をする場合、そういった理想的な咬み合わせの様式を与えてやることも重要になってくるのです。

単に歯を失った部位にインプラント、ではなく咬みあわせにも目を向けることが大切。

まだまだ暑い日が続きますね、体調管理には十分気を付けて下さい。

▽神戸インプラントセンター診療日記・一覧ページへ

ページ上まで戻る

歯科医師無料電話相談 診療時間詳細

神戸インプラントセンター
松田歯科 総合受付
078-681-0418
無料カウンセリングご希望の方は総合受付に①番無料カウンセリング予約とお伝え下さい。

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸歯周病センターウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから