歯科医師歯科技工士の診療日記

神戸インプラントセンター歯科医師&歯科技工士の診療日記 31

虫歯の成り立ち

2014/2/13

こんにちは、神戸インプラントセンターです。
まだまだ寒い日が続きますね。

さて今回は「虫歯の成り立ち」についてお話したいと思います。

お口の中には虫歯菌がたくさん存在しています。歯が生えていれば必ず存在しているのです。

虫歯菌はかたまって歯の表面についています。それがプラーク、歯垢です。みなさんも一度は聞いた事あるのではないでしょうか?

食事をするとプラークが食べ物の中の糖を吸収し代わりに酸を放出します。お口の中が酸性になり歯が溶けるのです(脱灰)。

じゃずっと溶け続けるのか?そうではありません。唾液(つば)によってお口の中を中性にし溶けるのは止まります(再石灰化)。

しかし、間食をしてしまうと歯が溶けている時間が多くなり虫歯になるリスクが多くなってしまいます。

虫歯の予防としてはやはりハミガキが大切です。その他には口にするものの改善が大切です。

例えば「飲み物」。虫歯菌が酸を放出しない飲み物としてお水、お茶、ストレートティー、ブラックコーヒーがあります。コンビニなどで売っている「無糖」と表記されているものは少なからず糖が入っているので虫歯に成り得ます。 

こういった飲み物を変えるだけでも、予防になるのです。

まだまだ予防の方法はたくさんあります。一度来院され、ハミガキの仕方、予防方法などを学びに来てください。

スタッフ一同お待ちしております。

▽神戸インプラントセンター診療日記・一覧ページへ

歯科医師無料電話相談

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約診療時間詳細

神戸インプラントセンター
松田歯科 受付
078-681-0418

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから