歯周病とインプラント

歯周病とインプラント

メンテナンスの知識①神戸インプラントセンター歯科医師より

歯周病でのインプラント生存率が落ちる「原因」と「対策」

歯周病の方と健常者の方では、インプラントの生存率・成功率に差がみられます。

10年後の臨床的成功率が健常者で約95%なのに対し、歯周病患者では70~80%という報告があります。

特に症状に気づきやすい年代は30代から40代、運動不足やストレスから体力的に回復力が落ちてくる時期に多く見られます。

疲れが出てくると、歯茎の抵抗力が歯周病菌に負けることで化膿し、ぶよぶよと腫れてくることがあります。

そのような化膿を繰り返すと歯周病菌が繁殖し、顎骨、歯の土台が溶けてやせ細ってしまいます。

歯周病患者のもつインプラントへのリスク要因は、残存歯からの歯周病菌の感染、歯冠-歯根比の悪化、骨吸収によるインプラント埋入位置の制限、プラークコントロールの困難性、患者さん自身の遺伝的要素による免疫力の脆弱性などが挙げられます。

インプラント治療の前にしっかりとした検査と歯周病治療を行うことや、治療後にメンテナンスを欠かさないことが、インプラントを成功させるためにも重要になってきます。

メンテナンスに関しても、自然歯より大切にケアをしてあげるぐらいの気持ちでブラッシングをしましょう。

また、インプラントと咬み合う対合の歯や、隣の歯は、歯周病が重度であると早期に問題が発生することがあるので、インプラントをしない場合には残せる歯であっても、インプラント治療成功のために抜歯となることがあります。 

歯が抜ける最大の原因は歯周病であり、歯が抜けてインプラント治療をする場合でも、歯周病が大敵となります。治療をした後も、埋入本体が原因の歯周病ともいえるインプラント周囲炎がリスクとなります。

歯を失ってから焦るのでなく、歯を失う前から歯周病の対策をすることが最も重要なことです。

歯周病は、歯科の定期検診や清掃指導を受けることで防ぐことができます。

当院では歯周病予防治療も行っていますので、ご質問やご相談はお気軽にお問合せ下さい。
歯科医師10名、歯科衛生士8名での充実した体制でお待ちしています。

【関連ページ】
▽インプラントのメンテナンス知識一覧ページ

▽神戸インプラントセンターのメンテナンス取り組み

▽神戸インプラントセンター症例集・重度の歯周病からの症例

ページ上まで戻る

歯科医師無料電話相談 診療時間詳細

神戸インプラントセンター
松田歯科 総合受付
078-681-0418
無料カウンセリングご希望の方は総合受付に①番無料カウンセリング予約とお伝え下さい。

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸歯周病センターウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから