インプラント周囲病変とは

インプラント周囲病変とは

神戸インプラントセンター歯科医師より・メンテナンスの知識⑥

簡易説明

インプラントも自分の歯と同じで虫歯にはなりませんが歯周病にはなります。

歯周病とは?|神戸歯周病治療センター

お掃除をしていかないと、インプラントの周りの歯茎が腫れてしまったり、場合によっては支える骨がとけてしまいます。

そのため、定期的なメインテナンスは必要であり、インプラントの周りも十分な骨と細菌が入り込みにくいような良質な歯肉があると有利になります。


▽神戸インプラントセンターメンテナンスの取り組み

▽インプラントメンテナンスの知識ページ一覧

専門的視野での解説

インプラント周囲の炎症は、インプラント周囲への感染が原因で生じる場合と、負担過重などの原因で生じる場合がある。

インプラント周囲炎は進行程度により、軟組織に炎症が限局されているインプラント周囲粘膜炎と、進行性の骨吸収を伴ったインプラント周囲炎とに分けられる。


1.インプラント周囲粘膜炎
病変が軟組織のみに限局している状態。プラークの停滞、口腔清掃器具の届きにくい形態などが主な原因とされている。
この時点はまだ骨吸収が起こっていない、粘膜に限局した状態なので、この時点での介入が、非常に重要となる。

もしこの状態を放置しておくとインプラント周囲炎の状態へ移行してしまい、非常に処置が難しくなる。


2.インプラント周囲炎
病変がインプラント周囲の軟組織だけでなく、周囲骨まで及んだ状態。

このような状態は天然歯周囲の歯肉との防御機構の違いなどが原因で、天然歯よりも進行しやすい。

【関連ページ】
▽周囲炎関連ページ・一覧

▽症例・重度の歯周病からキレイになった口腔内 (比較)

ページ上まで戻る

歯科医師無料電話相談 診療時間詳細

神戸インプラントセンター
松田歯科 総合受付
078-681-0418
無料カウンセリングご希望の方は総合受付に①番無料カウンセリング予約とお伝え下さい。

メールで無料相談
100%保障インプラント
初めての方へ、神戸インプラントセンターより
最新設備紹介
当センター10の方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方、海外県外から選ばれる理由
絶対事故を起こさないための取り組みとは
適応診断
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
インプラントが高額な理由
インプラントの知識
神戸インプラントセンター内紹介
神戸インプラントセンター内紹介
スタッフブログ
関連サイトのご紹介
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸歯周病センターウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから