インプラント周囲炎とは

インプラント周囲炎とは

神戸インプラントセンター歯科医師より・メンテナンスの知識④

簡易説明

インプラント埋入後に起こりうる、炎症。

予防処置として周囲炎を起こさない為には、インプラント埋入後にメンテナンスをしっかりすることが大切になります。


▽インプラントのメンテナンス知識・一覧ページ

専門的視野での解説

インプラント周囲の骨は、正常な状態では治療後最初の1年で1~1.5mm程度、その後は毎年、年間平均で0.1ミリ程度吸収するとされている。

しかし、清掃不良でプラークがインプラントに付着した場合、その周囲組織に炎症細胞が集まってきてしまい、細胞に潰瘍やびらんが起きる。
また、組織が浮腫状になり、プラークがますます深い所へ進入しやすい状態になるため、炎症細胞も深部へ進入してしまう。

こうなると、レントゲンに骨が破壊された像が現れてくる。

このような炎症は、天然歯周囲の歯肉に比較して、インプラント周囲粘膜が血管が少なく、コラーゲン繊維の構成比が異なること、インプラント周囲粘膜溝と天然歯歯肉溝での防御機構に違いがあることなどが原因で、天然歯よりも進行しやすい。

【関連ページ】
▽インプラント周囲粘膜炎について

▽インプラント周囲病変について

▽神戸インプラントセンター【症例集】

ページ上まで戻る

歯科医師無料電話相談 診療時間詳細

神戸インプラントセンター
松田歯科 総合受付
078-681-0418
無料カウンセリングご希望の方は総合受付に①番無料カウンセリング予約とお伝え下さい。

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸歯周病センターウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから