CTとは?

CTとは?

神戸インプラントセンター歯科医師より・CT&その他の知識⑦

CT・断層撮影レントゲンとは

現在のインプラント治療に欠かすことのできないCT。
今回はCTについて書いてみました。

CTとはcomputed tomography:コンピューター断層撮影の略で、エックス線検査と同様のエックス線を使用して体内の状態を断層像として描写する検査のことです。
つまり、CTとは身体の内部を3次元的にみることができる、レントゲン撮影法のひとつということです。

通常のレントゲン写真では2次元でしか診断する事が出来なかったことも、3次元的に診断する事が可能になる方法です。

骨の厚みや高さが重要となってくる、インプラント治療において3次元的に診断する事は必要不可欠です。
歯科で用いるCTは、全身を撮影する医科用CTとは違い、被曝量もかなり少ないです。

レントゲン検査と言って皆さんが思い浮かべるのは

レントゲン写真

が多いのではないでしょうか?

右のレントゲンは皆さんも歯科医院で一度は見たことのあるパノラマレントゲン。左は胸部レントゲンですね。
これらは平面、つまり2次元の像...ですね。

今までのレントゲンは身体の内部を平面でしかみることができなかったわけです。
もちろん2次元のレントゲンでも十分診断できることが多いのですが、更なる診断の精度を上げるためには3次元の像が必要なのです。

それを立体でみせてくれるのがCTなんです。

CT撮影

ではまとめです。CTは今まで一方向からしかみえなかったものを、横から、斜めから、上から、下からも、はたまた立体でもみれるようしてくれた素晴らしいレントゲンということです。
ではどうして3次元でみることができるのか?
それはまたの機会にお話しします。

【関連ページ】
▽神戸インプラントセンター最新設備【CT断層レントゲンシステム】

▽CTの歴史とは

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約 診療時間案内 診療時間詳細

神戸インプラントセンター受付
078-681-0418

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから