CTの被曝について

CTの被曝について

神戸インプラントセンター歯科医師より・CT&その他の知識⑩

放射線の被曝量について

CTをとることで被爆量が心配される方もおられると思います。

私たちは生きて生活している限り放射線を浴びております。
これを自然被曝といいますが、この自然被曝が年間で2.4ミリシーベルトです。

自然被曝は2.4ミリシーベルト/年間ですが、神戸インプラントセンターのCTは1回あたり、0.069ミリシーベルトです。
つまり、当院の歯科用CTを約35回撮影すると自然被曝に相当します。

またお口全体を撮影するパノラマレントゲンが1枚0.0389ミリシーベルトなので、パノラマ2枚分に当たります。
通常歯科医院で撮影する歯科用の小さいレントゲンが0.0163ミリシーベルトなのでCT1枚分がデンタル写真約4枚分です。

また、医科用のCTで撮影した場合が0.6ミリシーベルトなので、医科用CTの約10分の一の被曝線量ですむことになります。
ですからCTの被爆量は医科用に比較して、それほど心配せずにすむと思います。
デンタル撮影では全部の歯を撮影する際14回ほど撮影するので、実は被曝量がCTの2倍ほどになってしまいます。
この様なケースの場合はCT撮影の方が低被曝でかつ多い情報がえられるのです。

診断で必要な際に歯科医師の判断のもと、撮影条件を設定し撮影を行います。

他の比較データとしては 東京‐NYの飛行機往復の際の放射線量は約0.2ミリシーベルトです。
パイロット、CA、乗客は、搭乗毎に歯科用CT撮影と同程度の放射線量を受けていることになります。

神戸インプラントセンターでは、リスクとメリットを考慮してCTの撮影を行っています。

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約 診療時間案内 診療時間詳細

神戸インプラントセンター受付
078-681-0418

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから