PRPとは

PRPとは

神戸インプラントセンター歯科医師より・CT&その他の知識②

最先端医療の再生医療【自然治癒システム】

PRPとは、自分の血液を利用して行う最新の再生医療です。

そもそも、血小板は、人体で、止血や血管や細胞組織を修復する働きをします。
また、血小板には、成長因子と呼ばれる、体の細胞を元気にして若返らせる成分があり、この成長因子が放出されることによってコラーゲンの産生や毛細血管の新生などが促されるのです。

血液の中の血小板を数倍10倍程度の高濃度に濃縮した液状成分のことを多血小板血漿(Platelet Rich Plasma)=PRPと呼びますが、創傷治癒を促進する作用があります。

創傷治癒とは、傷などのダメージを修復し、再生する働きのことです。
1998年Robert Marxが顎骨再建治療で骨再生の増大目的でPRPを使用しました。

PRPは本来人間に備わった「自然治癒システム」です。

最近では、骨組織再生促進の効果はないといった論文も多く存在しますので、硬組織への効果は疑問視されています。
ただ、歯茎、歯肉、抜歯窩などの軟組織には、創傷治癒促進の効果が認められているようです。

一方、PRGF (Plasma Rich in Growth Factor)療法という、PRP療法の応用させた治療方法をスペインの歯科医師らが、硬組織の再生治療への臨床応用を行っていて、結果は良好らしいので すが、効果を確認するにはまだ文献が少ないようです。

美容外科では、高濃度に濃縮させた血小板と、白血球を含む「自己白血球含有多血小板血漿」を混合して、体に注入することで、しわなどの様々な肌の悩みを改善しているようです。

このように、PRP 療法を応用させた治療方法は、様々な分野に応用されつつあり、今後目が離せない再生治療の一つです。

【関連ページ】

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約 診療時間案内 診療時間詳細

神戸インプラントセンター受付
078-681-0418

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから