骨質について

骨質について

神戸インプラントセンター歯科医師より・インプラントの基本知識⑪

簡易説明

骨には硬さが様々あり軟らかい骨から硬い骨まで4段階にわけられます。

極端に軟らかい骨や硬い骨はインプラント本体(フィクスチャー)のネジを入れる事が難しく、術者の技術が必要になります。

骨の量が十分にあったとしても骨の硬さにより、治癒期間が数か月延びる場合があります。

神戸インプラントセンター治療項目・骨造成術

専門的視野での解説

インプラントを埋める骨には色々な硬さがあり、Lekholm,Zarbにより骨質は次の4タイプに分類されている。

タイプⅠ
顎骨のほぼ全体が、均質な皮質骨で構成されているもの。

タイプⅡ
海綿骨が厚い皮質骨で覆われているもの。

タイプⅢ
十分な強度を持つ高密度の海綿骨が薄い皮質骨で覆われているもの。

タイプⅣ
低密度の海綿骨が非常に薄い皮質骨で覆われているもの。

骨の状態はタイプⅠからタイプⅣに順次悪くなる。
硬い骨にはインプラントはよく固定されるが、柔らかい骨に固定するのは難しい。
そのため柔らかい骨にインプラントを埋入する時は十分な配慮が必要である。

一般通念として、下顎の前歯部はタイプⅠないしⅡ、臼歯部はタイプⅡが多い。

【関連ページ】
▽骨補填材について

▽骨補填材料の分類

▽サイナスリフトとソケットリフトの適応基準とは

▽サイナスリフトにおけるOne Windowの条件とは

▽サイナスリフトにおけるTwo Windowの条件とは

歯科医師無料電話相談

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約診療時間詳細

神戸インプラントセンター
松田歯科 受付
078-681-0418

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから