インプラントの破折について

インプラントの破折について

神戸インプラントセンター歯科医師より・インプラントの基本知識③

簡易説明

被せ物の無理な形や噛み合わせによって、中の土台やネジがおれてしまったり、被せ物のセラミックがかけてしまうことがあります。

そのため、適正な位置にインプラント本体(フィクスチャー)を骨の中に入れる必要があり、お口全体の咬み合わせも考えて治療する事が重要になります。


▽インプラントの構造解説はこちら

▽インプラントの除去について

専門的視野での解説

フィクスチヤー埋入位置や角度の不手際による無理な補綴物であったり、患者の歯ぎしり等の悪習癖、フィクスチヤーそのものが不良品であったり、補綴物の精度が悪かったりすると、アバットメントスクリュー やフィクスチヤーが破折することがある。

フィクスチヤーが破折した場合は、トレフィンバーで骨ごと除去することになる。
太めもしくは長めのフィクスチャーを再埋入することで対処できればよいが、GBRのような骨造成の併用も必要となることもある。

【関連ページ】
▽骨質について

▽骨補填材について

▽骨補填材料の分類とは

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約 診療時間案内 診療時間詳細

神戸インプラントセンター受付
078-681-0418

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから