上顎洞とは

上顎洞とは

神戸インプラントセンター歯科医師より・インプラントの基本知識④

簡易説明

上顎洞は副鼻腔の中の一部で、上顎のインプラントを予定している際に、骨の不足が認められた場合に、この部位に骨になる材料を入れて、骨をつくる治療(サイナスリフトソケットリフト)を行います。


▽神戸インプラントセンター治療項目【骨造成術】

専門的視野での解説

上顎洞は4つの副鼻腔(前頭洞、蝶形骨洞、篩骨洞、上顎洞)のうちのひとつであり、固有鼻腔とは半月裂孔を介して交通している。

半月裂孔は中鼻道の、前後的には鼻道中央に開孔している。
上顎洞は上顎骨内にある薄い骨壁に囲まれた空洞で、前方及び上方から見ると逆ピラミッド型、横から見ると立方体になっている。

多列繊毛上皮に被覆され、洞底に隔壁が存在することがある。

上顎洞の役割
・含気空洞(吸気への加湿、加温)
・脳頭蓋の保護
・頭蓋骨の軽量化
・感染予防
・音声の共鳴
などがあげられている。

【関連ページ】
▽上顎洞粘膜とは

▽歯肉のバイオタイプとは

▽サイナスリフトとソケットリフトの適応基準

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約 診療時間案内 診療時間詳細

神戸インプラントセンター受付
078-681-0418

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから