インプラントと天然歯の周囲組織の違い

インプラントと天然歯の周囲組織の違い

神戸インプラントセンター歯科医師より・科学の知識①

簡易説明

天然歯とインプラントで見た目は変わりませんが、自身の接触している細胞からすると、全くの別物と認識されます。

その為、歯の周りの組織自体も違う変化が生じてきます。

専門的視野での解説

インプラントと天然歯周囲は似て非なるものと認識すべきである。

血液供給、コラーゲン繊維の付着など、侵入からのバリアという点でインプラント周囲組織は劣っている。

インプラントは軟組織とインプラントの接触、つまりフィクスチャー表面に軟組織の付着や、繊維の貫入がないこと、それは軟組織のサポートが天然歯とは異なりインプラントでは非常に脆弱であること、そして骨へのサポートが弱いことから骨吸収が生じやすいということである。

それは、天然歯において生物学的幅径を侵すことで生じる辺縁歯肉の炎症は、インプラントではすぐにその下の骨が生理的な吸収を起こすことで補償されることからも理解できる。

したがって、インプラントは付着が弱いという点、歯周組織に比べて乏しい血液供給という点には十分注意が必要である。

【関連ページ】
▽歯周病とインプラントについて

▽インプラント周囲炎について

▽インプラント周囲粘膜炎について

▽メンテナンスの重要性について

ページ上まで戻る

歯科医師無料電話相談 診療時間詳細

神戸インプラントセンター
松田歯科 総合受付
078-681-0418
無料カウンセリングご希望の方は総合受付に①番無料カウンセリング予約とお伝え下さい。

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸歯周病センターウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから