サイナスリフトとソケットリフトの適応基準とは

サイナスリフトとソケットリフトの適応基準とは

神戸インプラントセンター歯科医師より・外科知識⑫

簡易説明

サイナスリフトソケットリフトと呼ばれる、骨を作り盛る治療ですが、元の骨の厚みなどで、適応基準が定められています。

その他、骨造成術でGBR法リッジエクスパンジョン法などがあります。


▽神戸インプラントセンター治療項目【骨造成術】とは

専門的視野での解説

Summersは上顎洞底部の挙上量の平均値をサイナスリフトの1回法で10mm、2回法では12mm、ソケットリフトは3.5mmと報告しています。

最近では様々な上顎洞底粘膜挙上の器具が開発され、加えてSummersのソケットリフト法の操作方法も改良され、より安全で、挙上量も大きくなっています。

ソケットリフトとサイナスリフトの適応基準は、一般的に上顎洞底の垂直的残存骨量が4mm以下ではサイナスリフトの2回法、4~6mmではサイナスリフトの1回法、6mm以上でソケットリフトの適応としています。

ただ残存骨量によってはサイナスリフトとソケットリフトのいずれを選択してもよい場合もあり、それぞれの選択は術者の技量レベルによる場合もある。

【関連ページ】
▽サイナスリフトにおけるOne Windowの条件

▽サイナスリフトにおけるTwo Windowの条件

▽GBR法について

▽リッジエクスパンジョンについて

ページ上まで戻る

歯科医師無料電話相談 診療時間詳細

神戸インプラントセンター
松田歯科 総合受付
078-681-0418
無料カウンセリングご希望の方は総合受付に①番無料カウンセリング予約とお伝え下さい。

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸歯周病センターウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから