骨補てん材料の分類について

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから

骨補てん材料の分類について

神戸インプラントセンター歯科医師より・外科知識⑪

骨造成術の材料

インプラント埋入に必要な骨量が不足している場合、骨造成が必要となるケースが多々見られます。

骨造成に用いる骨補てん材料(骨移植材料)にもいろいろと種類があるので、以下に整理してみます。

1.自家骨 Autograft
患者さん自身から採取された骨 もっとも安全で治療効果も高いが、採取された部位の手術侵襲が負担になります。

2.同種骨(他家骨) allograft
患者さん以外の人間から採取された骨。
治療効果は高いが、わずかに感染のリスクが残る。脱灰乾燥凍結骨(DFDBA)や非脱灰乾燥凍結骨(FDBA)の形態で製品化されています。
凍結乾燥処理はHIVウィルスを不活性化し、感染の確率を減少させます。
さらに脱灰処理を加える事で感染の確率はより低下します。

3.異種骨Xenograft
ウシなど人間以外の動物から採取した骨。
各メーカーとも狂牛病などの感染に対しては部位の選別・熱処理等対策を講じています。

4.人工材料 artificial bone substitutes
人工的に合成された材料で、β-リン酸三 カルシウム(β-TCP)、ハイドロキシアパタイトなどがあります。

●またこれらの骨補てん材料は、骨形成能によって機能的に分類されています。

1.骨形成性
補てん材自体が新生骨を形成する能力をもっている。
自家骨がこれにあたる。

2.骨誘導性
骨を形成する細胞を呼び集め、骨を添加する能力をもっている。

3.骨伝導性
骨を形成するための足場を提供する能力。

参考:「ぺリオインプラントセラピー Henry Takei Thomas J Han 他著」

【関連ページ】
▽骨補填材について

▽骨質について

▽神戸インプラントセンター治療項目【骨造成術】

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約 診療時間案内 診療時間詳細

神戸インプラントセンター受付
078-681-0418

メールで無料相談