骨補填材とは

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから

骨補填材とは

神戸インプラントセンター歯科医師より・外科知識⑩

簡易説明

補填した部分に骨になる細胞をとどまらせることで、骨に置き換わりやすくするための材料のことで、様々な材料が使用されています。

サイナスリフトソケットリフトGBRなどの骨造成するための処置には必須です。


▽神戸インプラントセンター治療項目【骨造成術】

専門的視野での解説

補填剤は様々な材料が使用されているが、基本的には約三年でリモデリングする材料が適当とされている。

補填剤の選択基準は、骨形成能、骨伝導能、骨誘導能のいずれかをもち吸収率が低く感染率の低い補填材料を選べばよい。
それぞれの補填剤には利点、欠点があり、すべてに適応するものはない。

自家骨やβ-TPCなどは吸収率が高いため、他の補填材料を混和させて使用することが多い。単独補填剤としてはHew Plaster(焼石膏)、オスフェリオン(β‐TPC)、セラタイト(β‐TPC+HA)がある。

混合移植剤としてはDFDBA 、FDBA(ヒト脱灰乾燥骨)、ボーンジェクト(ウシ天然HA)、OsteoGen(吸収性HA)、Puros(ヒトガンマー線照射骨)Calcitite(合成HA)、OsteoGraft(合成HA)、BioOss(天然HA)、アパセラムAX(合成HA)等がある。

また、ボーンジェクトはリモデリングに6~7年と長期間かかり、補填剤としては適さないとされている。

【関連ページ】
▽骨補填材料の分類

▽骨質について

▽サイナスリフトとソケットリフトの適応基準について

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約 診療時間案内 診療時間詳細

神戸インプラントセンター受付
078-681-0418

メールで無料相談