オステオトームについて

オステオトームについて

神戸インプラントセンター歯科医師より・外科知識④

簡易説明

オステオトームとは、上顎洞挙上術であるソケットリフト法において、上顎洞粘膜を挙上する際に用いる器具である。

専門的視野での解説

現在、様々なオステオトームが改良されているが、そのほとんどがSummersのオステオトームに改良を加えられたものである。

オステオトームの先端は基本的には凹状の刃になっており、側壁はストレート型とテーパー型があり交互に使用する。
サイズアップに伴って0.5~0.7mmぐらいの範囲で直径を拡大している。

中にはストレートタイプのないものや側壁に安全弁としてステップを設けているものもある。

柄はストレートタイプと屈曲タイプがあるが臼歯部に適用するために屈曲タイプが使用しやすい。

【関連ページ】
▽サイナスリフトとソケットリフトの適応基準

▽上顎洞粘膜について

▽骨補填材について

▽骨補填材料の分類について

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約 診療時間案内 診療時間詳細

神戸インプラントセンター受付
078-681-0418

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから