印象採得(クローズドトレー法)とは

印象採得(クローズドトレー法)とは

神戸インプラントセンター歯科医師より・噛み合わせに関する知識③

簡易説明

インプラントの土台や被せ物を作製する時に患者様に行う歯型取りの方法の1つです。

インプラントの人工歯根に印象用コーピングと呼ばれる既製の金具をとりつけ、歯型をとります。
その歯型に先程使用した印象用コーピングを戻し、石膏を流して模型を作ります。(本来はラボアナログ等のパーツをつけたりと行程はありますが、省略します)

オープントレー法と呼ばれる方法に比べて誤差が生じやすいですが、型取りのトレーが既製のものでよかったり、大きくお口が開けられない患者様に適しています。

専門的視野での解説

通常の歯冠修復における印象と同様に陰型採得である。

クローズドトレー法に用いるコーピングには、それぞれのインプラントシステムにより異なるが、1ピースのものと2ピースのものがあり、ともに全体が印象材内に取り込まれる。
コーピングを口腔内に固定、軟組織などを介在しないようにしっかりと連結する。

インプラント解説1

クローズドトレー法では、通常の歯冠補綴の印象と同様に個人トレーや既製トレーが用いられるが、印象材内にコーピング全体が取り込まれるようにスペースを十分に確保する。

シリコーン印象材を用いて印象採得を行い、印象材が硬化したら口腔内から撤去する。
コーピングは口腔内に残存するため、それらをすべて取り外す。

取り外したコーピングに技工用のインプラントアナログを連結し、トレーの印象面に再挿入し、超硬石膏を注入して、作業用模型を製作する。

インプラント解説2

【関連ページ】
▽印象取得オープントレー法について

▽術前検査(研究用模型検査)について

▽診断用口腔内模型【ワックスアップ】について

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約 診療時間案内 診療時間詳細

神戸インプラントセンター受付
078-681-0418

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから