歯周病への取り組み

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから

神戸インプラントセンター・歯周病への取り組み

当院では歯周病改善と共に治療を進めていきます

症状が出にくく気づきにくい、潜伏疾患「歯周病」

高価な薬用歯磨き粉や洗口剤で歯周病が治るというCM、あれは本当でしょうか?

「歯周病」とはそんな簡単な病状ではありません。

最近では情報アプリなどでも数多く取り上げられ、一般人にも虫歯より歯周病の怖さが知れ渡ってきた状況です。

とはいえ、「歯周病とは何なのか?」「どう怖いのか?」「進行するとどうなるのか?」などからご説明していきます。

歯周病とは?

歯周病とは細菌による炎症や噛み合わせの不適合から、歯槽骨(歯を支えるあごの骨)を溶かしていき、最終的には歯を失う感染性のある病気です。

一般的に主な原因としては、歯と歯茎の間に溜まるプラークと呼ばれる歯垢に細菌が繁殖し、骨を蝕んでいきます。

これが歯磨きや洗口剤では届かない「歯周ポケット」と呼ばれる歯と歯茎の間に潜んでいます。
わずかな隙間ですが、1000分の1g中に1億以上の細菌がいるといわれています。

その細菌床と化した歯周ポケットは、他の歯の隙間にも繁殖し、なんと他人にも感染するのです。

そして歯周病が本当に怖いのは、菌が蔓延した歯周ポケットが歯を支える歯槽骨(歯を支えるあごの骨)を腐食していくのです。

溶かされていく歯槽骨はどんどん無くなっていき、「歯茎が痩せる」といった症状が見られ、歯槽骨と共に歯茎も下がってくるのです。

歯周病が原因で頬や口回りの肉付きが落ちたかのように見え、老化現象に見られる事もあります。

歯周病の症状について

病気や身体の不調など、普通は何らかの症状と共に、痛みや不快感などのサインが出ます。

しかし歯周病は身体へのサインが出にくく、気づかないうちに悪化していく病状なのです。

歯周病の症状として、

①はぐきの腫れ
②はぐきから出血
③硬いものが食べづらい
④歯肉がむずがゆい
⑤口の中がネバネバする
⑥歯がグラつく
⑦口臭がある
⑧歯茎から膿が出る
⑨歯が伸びたような気がする

これらに複数当てはまる方は早急な検査をおすすめします。

当院の歯周病への取り組み

1日3回歯磨きをして定期的なクリーニングにも行っているのに、歯周病が進行している人も存在します。

その理由とは、「噛み合わせの悪さ」や「歯ぎしり」など。

最近の研究や当院30年以上のデータにより、歯並びや咬み合せの不正により、歯に異常な力がかかり、歯周病を悪化させていることがわかってきました。

多くの歯科医院では、ブラッシング指導やプラーク・歯石の除去を行い、口の中の細菌の減少を目的とした治療を行います。

当院ではさらに、リスクを分析するため、口腔内模型やCT(3Dレントゲン)、顕微鏡検査を駆使し、原因とリスクの両方の治療を行います。

当院でのインプラント治療や入れ歯治療などは、並行して噛み合わせを最重視した歯周病治療も行い、10年20年先のお口の健康を目指します。

時には、1本の歯のズレから生じる噛み合わせ全体のズレは、口腔内の全歯まで影響を及ぼし、噛み合わせのズレから身体の体幹、内臓などにも影響を及ぼします。

噛み合わせ次第では、ブリッジや歯のかぶせもの、インプラント1本でも身体全体の健康を損なう可能性も存在するのです。

さらに重度の歯周病に対しては、歯周外科や再生療法を行い、その後メンテナンスに移行します。

歯周病治療は一過性の感染症の風邪などと違い、常に口の中に潜んでいる歯周病菌との終わりなき戦いです。

歯を失ってしまってからでは、入れ歯やインプラントでしか治療法はなく、歯周病で骨が減ってしまっていると、インプラントすら難しくなります。

当院では歯周病検査にも多くの方にご来院頂いています。
(※検査のみのご来院も可能なので、お気軽にご予約下さい。)

「歯周病」は早めの検診をおすすめします。

ご質問・ご相談などはお気軽にお問合せ下さい。

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約 診療時間案内 診療時間詳細

神戸インプラントセンター受付
078-681-0418

メールで無料相談