喫煙とインプラントについて

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから

喫煙とインプラントについて

神戸インプラントセンター歯科医師より・メンテナンスの知識⑦

神戸インプラントセンターが推奨する・喫煙への配慮

喫煙は様々な健康への被害を及ぼしますが、インプラントへの影響も例外ではありません。

喫煙者の方は、非喫煙者と比べて、傷の治りが悪いことが証明されています。

また歯周病も悪化する傾向にあり、インプラント治療が失敗してしまいやすい、インプラントが成功しても、歯周病になりやすいなどのデメリットがあります。

インプラント手術を受ける前には禁煙をされることをお薦めします。

1993年に行われた研究によると、非喫煙者のインプラント手術の失敗率が4.7%だったのに対し、喫煙者の失敗率は11.3%にも上り、非喫煙者の2倍以上であったとされています。
特に、上顎前歯の手術成績にはかなりの差が認められています。

喫煙により歯茎の毛細血管が収縮し血行が悪くなるので、創傷治癒が遅れたり、インプラントと骨の結合を阻害したりします 。

歯周病をきちんと治療してからインプラント治療を行っても、喫煙による悪影響から初期固定がきちんと得られない、というケースもあります。

まだ喫煙とインプラント失敗との関連性の詳細は明らかにされていない所もありますが、喫煙者にとって、インプラント手術を受けるには、禁煙も必要な心がけです。

インプラント治療を受けると決めたら、最低でも手術後の1~2ヶ月までの間は禁煙をし、インプラントを長持ちさせる心がけが必要でしょう。

【関連ページ】
▽症例・重度の歯周病からのキレイになった口腔内 (比較)

▽絶対に事故を起こさない為の神戸インプラントセンター取り組み

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約 診療時間案内 診療時間詳細

神戸インプラントセンター受付
078-681-0418

メールで無料相談