プラットフォームスイッチングとは

プラットフォームスイッチングとは

神戸インプラントセンター歯科医師より・インプラントの基本知識①

簡易説明

インプラント体(スクリュー本体)とアバットメント(人口歯と本体のジョイント部)の境目をプラットフォームと言いますが、本体の口径よりもアバットメントの高径の方が小さい構造をしているインプラントシステムをプラットフォームスイッチングと言います。


本体、アバットメント、人口歯の詳細説明はこちら→▽インプラントの構造とは?

専門的視野での解説

この構造によりプラットフォーム付近の歯肉の厚みが増し、血液供給が盛んになることで、プラットフォーム周囲の骨の吸収が抑制され、インプラントの予後を向上させます。

プラットフォームシフティングという用語も同様の意味です。

骨が吸収すると、歯肉も退縮し、歯と歯茎の間に本体が露出してしまって審美性が損なわれます。
また、骨が吸収し、本体の骨結合を目的とした粗い表面が露出すると周囲炎のリスクも高まります。

プラットフォームスイッチングは大変有用な技術ですが、一部のメーカーの一部の種類にしか採用されていません。

現在プラットフォームスイッチングを採用している主なメーカーは、
アストラブローネマルク(ノーベルアクティブのみ)、
ストローマン(ボーンレベルのみ)、
3i(プリベイル)、
アンキロス バイコン などです。


【関連ページ】
▽神戸インプラントセンター使用メーカー

歯科医師無料電話相談

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約診療時間詳細

神戸インプラントセンター
松田歯科 受付
078-681-0418

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから