治療項目・骨造成術

神戸インプラントセンター治療項目⑤

骨造成術

骨造成術

骨造成術とは

骨造成術レントゲン写真比較

この2枚のレントゲン写真は同じ患者様のもので、治療前が左、治療後が右です。
上顎は、右上の奥歯2本を抜歯し骨造成術を行ったうえでインプラントを3本埋入しています。

骨造成術とは骨が少ない部分に、インプラント治療をするために必要な骨の土台をつくる治療法です。

歯を失い年月が経過するとその部分の顎骨が徐々に減ってなくなるため、インプラントを植立するための骨幅や高さが不足するようになります。
何でも不自由なくしっかりと咬めるようになるためには、インプラントと骨がしっかりと結合していることが必要であり、そのためには十分な骨幅と高さが必要になります。 この不足に対する解決策が骨造成術です。

ソケットリフト法

ソケットリフト法解説

骨の高さが不足している場合に、インプラント埋入と同時に骨の高さを増大させる方法です。

インプラントを埋入する穴を開けた後に専用の鎚(オステオトーム)で下から上顎洞底粘膜を持ち上げます。
その部分に骨や人工骨を填入します。これにより、上顎臼歯部の骨の高さが増し、十分な長さのインプラントを埋入することが可能となります。

サイナスリフト法

サイナスリフト法解説

上顎の骨の高さが著しく不足している場合に、骨の高さを上方に増大させる方法です。

上顎洞の側面の骨に穴を開けて上顎洞底粘膜を持ち上げ、 その部分に骨や人工骨を填入します。これにより、上顎臼歯部の骨の高さが増し、十分な長さのインプラントを埋入することが可能となります。
インプラントの埋入に先立って行う場合と同時に行う場合があります。

GBR法

GBR法解説

骨の表面は薄い骨膜で覆われています。この骨膜と骨の間にスペースを保っておくと、その部分に新しい骨ができるという現象がみられます。

この方法を用いて骨を増やす方法がGBR法です。
骨と骨膜の間にスペースを保つために骨や人工骨など骨補填材を填入し、遮断膜で表面を覆います。

リッジエクスパンジョン

リッジエクスパンジョン解説

歯顎の骨が吸収を起こし、インプラントを入れるための骨の高さはあるが、
骨の横幅が不足している場合に行う方法です。
細くなった顎の骨に割れ目を入れて、両側に専用器具で拡大し、骨の幅径を増やします。

【関連ページ】
▽インプラントの知識・骨質について

▽インプラントの知識・上顎洞について

▽インプラントの知識・骨補填材とは


より詳しい内容をお知りになりたい場合は、お気軽に専門ドクターによる無料電話相談にご連絡ください。

ページ上まで戻る

歯科医師無料電話相談 診療時間詳細

神戸インプラントセンター
松田歯科 総合受付
078-681-0418
無料カウンセリングご希望の方は総合受付に①番無料カウンセリング予約とお伝え下さい。

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸歯周病センターウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから