即時負荷インプラントとは

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから

即時負荷インプラントとは

神戸インプラントセンター歯科医師より・インプラントの基本知識⑦

簡易説明

即時負荷とは、手術にてインプラントを入れたと同時に上部構造の歯の部分まで装着する治療法です。

治療後その日のうちに食事が出来るようになります。


▽神戸インプラントセンター治療項目・即時負荷とは

専門的視野での解説

従来では、インプラント手術後、3~6か月はインプラントと骨の結合を待たねばならず、仮歯を装着してその歯で咬めるようになるまで長い期間を要しました。

しかし最近では、インプラントの技術発展も相まって、一定の条件を満たせば手術と同時に仮歯を装着し、当日から咬むことができるようになりました。

それが即時負荷インプラントと呼ばれるものです。

一定の条件とは、埋入時の初期固定が良好である(35Ncm以上)ことや、食いしばりや歯ぎしりなどの悪い習癖がないこと、口腔内を清潔に保てること、インプラントに無理な力(楽器・仕事・スポーツなど)がかからないことです。

即時負荷は歯を失ってから、手術ですぐに仮の歯が入ることで、患者さんの満足度は非常に高いものとなります。
とくにオール・オン・4などで入れ歯から劇的に固定性の歯に変わると喜びも格別だそうです。

しかし、歯が入ったからといって、何でも食べられるわけではなく、1~2か月は軟らかい物に制限されます。
また手術時の状態が悪いのに無理をして負荷をかけると、インプラントの失敗につながります。

どのような術式も、個々の患者さんの事前の綿密な検査、手術時の状況の適切な把握、知識と経験に基づいた正しい判断が不可欠となります。

【関連ページ】

▽抜歯即時埋入法について

▽インプラント荷重時期の分類

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約 診療時間案内 診療時間詳細

神戸インプラントセンター受付
078-681-0418

メールで無料相談