フラップレス手術とは

フラップレス手術とは

神戸インプラントセンター歯科医師より・外科知識⑬

簡易説明

通常のインプラント手術は、歯肉を切開し剥離し、顎骨を露出させて手術を行います。

しかし、歯茎の上から骨の形態がほぼ把握でき、かつ骨量が十分な場合、歯肉を剥離せずに埋入することがあります。

これをフラップレス手術といいます。


▽メスを使わない【フラップレス手術】とは?

▽神戸インプラントセンター治療方針【無痛治療】について

▽神戸インプラントセンター麻酔への取り組み

専門的視野での解説

フラップレス手術の利点は、手術侵襲が少なく、術後の腫れや痛みが抑えられることや、手術時間が短いこと、 歯肉を剥離しないためインプラント周囲の骨吸収を抑制できることなどです。

欠点は、歯肉の下の骨を直接目で確認できないので、埋入角度を誤るとインプラントが骨の外部に突き抜けてしまうリスクが高まることです。

最近はCTの3D画像を利用したインプラントドリルのガイド(サージカルガイド)を使用することで、 コンピューター上でシュミレーションしたのと同じ様に、方向・位置・深さをコントロールできるようになり、フラップレスでのインプラント手術も安全性が高まってきました。

【関連ページ】
▽サージカルステントの目的について

▽サージカルステントの作製について

▽コンピューターシュミレーション【ノーベルガイドシステム】

歯科医師無料電話相談

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約診療時間詳細

神戸インプラントセンター
松田歯科 受付
078-681-0418

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから