サイナスリフトにおけるOne windowの条件とは

サイナスリフトにおけるOne windowの条件とは

神戸インプラントセンター歯科医師より・外科知識⑥

簡易説明

サイナスリフトと呼ばれる、骨造成術での施術条件。


▽神戸インプラントセンター治療項目【骨造成術】とは

専門的視野での解説

サイナスリフトにおいて骨窓が1つの場合の条件を述べる。

・隔壁が無い
・隔壁が極めて低く骨開窓部の形態を工夫することによってOne windowが可能な場合
・ロングスパンのケースではあるが開窓部位の近遠心の距離が最大15mmを越えない範囲で補填剤の填入が可能な場合。
・隔壁が存在しても、直径5~7mmのダイヤモンドバーにより側壁の骨を削合することにより除去する。
こうすることで隔壁が存在しているにもかかわらず、側壁の骨を削合し洞粘膜を損傷させない周囲骨との剥離を行うことができる。

欠損歯数、インプラント埋入する本数などによって骨開窓の近遠心距離は異なってくるが、本来は7~12mmまでの範囲もある。これ以上開窓面積が大きくなると補填剤が流出しやすくなり、上顎骨開窓部の前面形態を維持できなくなる。
骨開窓部の近遠心距離が12~13mm以内であればOne window。

【関連ページ】
▽サイナスリフトにおけるTwo windowの条件

▽サイナスリフトとソケットリフトの適応基準

▽骨補填材について

▽骨補填材料の分類について

ページ上まで戻る

無料CT撮影・無料カウンセリング予約 診療時間案内 診療時間詳細

神戸インプラントセンター受付
078-681-0418

メールで無料相談

100%治療保障

最新医療設備紹介
10の治療方針
当院の歯周病治療取り組み
遠方県外、海外から選ばれる理由
適応診断
来院理由アンケートランキング
無痛治療、充実の麻酔設備
治療後のメンテナンスについて
医療費控除について
治療が高額な理由
診療日記
神戸松田歯科医院ウェブサイト
神戸矯正審美歯科ウェブサイト
神戸入れ歯義歯専門ウェブサイト
神戸歯科衛生士求人募集ウェブサイト
リンク集
サイトマップ
日本経済新聞ウェブに掲載されました。詳細はこちらから